2009年12月02日

プログラミングの基礎

各種言語はあれど、プログラミングの基礎はフローチャートの理解だとおもいます。

フローチャート、すなわち反復と判断と実行(でしたっけ?)を一連の流れで理解する事です。

実はこの考え方は論理的思考にも近いです。

さらにコレにヒラメキ、インスピレーション、発想、アイディア、新しい技術などが加わってはじめて素晴らしい、世の中の為にたつ、稼げるシステムが開発できます。

もちろんハードウェアの機能にもよります。

ただ、プログラミングは特別なものでなく普通の思考方法をただたんにシステム化する為にプログラミング言語にしたものです。

システム化は仕組み化ですから、プログラムも組織の仕組み化も経理の仕組み化も人事の仕組み化も全て同じ考え方なのです。

いわく、システム化は仕組み化であり、仕組みがなければビジネスは成り立ちません。

プログラムが下手な人はビジネスも下手ということですね。仕組み化ができない・・・という意味で。

posted by PHPとCGI at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。